2017年07月21日

SunnyFriendsMarket お礼

てらぞの家、ゆうです。




サニーフレンズマーケット、

お越しいただいたみなさま

ほんとうにありがとうございました。


おかげさまで

あんなに暑かったのに最後は清々しく

マーケットは盛況のうちに無事お開きになりました。





珍しく早めにレポートしちゃおう。


相方に、言いっ放しやりっ放しと言われるわたくしですが
言ったあとの報告こそ大事だと、わかってはいるのです。

昔、サラリーマンをやっていたとき
なぜだか「広告営業」だの「マーケティング」だのをやっていて

「報告をメインにした広告っていいとおもいますよ〜」
って、お客さんには強力におすすめしていたのです。
これ、広告効果もかなり出てましたが

なんで自分のことになるとしないんでしょうね〜
わかっていてやらないっていけないですね。





(モモが寝ているうちに、はやくはやく)





サニーフレンズマーケット初日日記<br />.<br />朝早く出発。<br />旧内山下小学校体育館にお店をつくる。<br />.<br />ここがこの2日間の<br />イエになるわけなので<br />店づくりは重要。<br />家族が居やすく、<br />お客さんも居心地がよく<br />リラックスできるような配置になるように<br />色々試 す。<br />.<br />尾道の「ストリート剣玉」の兄さんに会い、<br />しばし剣玉の時間(主に閉店後) .<br />.<br />みんな美味しいものばかりなんで<br />大人も子どもも好き放題楽しい買い食い。<br />カキ氷4こ<br />ホットドッグ<br />チーズケーキ<br />モンゴルパン<br />サイコーヒー<br />コーヒーゼリー<br />蜜豆<br />すごい鯖<br />などなどをいただく。<br />ビールが飲めないのがツライ。<br />なんで?<br />.<br />#サニーフレンズマーケット<br />#sunnyfriendsmarket





















我家になった体育館の一角。

instagramの写真を貼ってますので
見られる方はそちらを見ていただいたら
ほかにもいろいろのっけています。


お隣は、はるばる淡路から来てくれたカラフルな釉薬ものの
「アワビウェア」さん。
不勉強なので存じなかったのですが
全国でたくさんおしごとされています。
お話してみたら、
同じ焼物をなりわいとしていても
うちとは体制がまったくちがって
スタッフの方も何人もいらっしゃってたくさん
つくっていらっしゃるそうです。
いろいろお話し聞いて勉強になりました。
コンセプトしっかり、で安心感のある使いやすそうな器です。

焼物やさんってほんとに人それぞれだし色んな人がいます。
うちの相方含めてみんなけっこう変わってますw

最初、岡本さんは「焼物が隣同士って・・・苦笑」って氣にされていたけど
結局お隣で楽しかったですよねえー(同意をもとめてます!w)
わたしはとっても楽しかったですよ。
特に奥さんとおしゃべりできて。



焼物や同士って隣になってようが、
競合しないんですよね・・・
わたしの持論ですが。


焼物はどうつくっても人が違うと同じにはならない。


おもうんですけど
いい食器って、いくつあってもいいものなんです。
もちろん焼物に限らず、木の器もガラスの器も、
いろいろとりまぜた方が食卓が豊かだとおもいます。

食器に関しては「ミニマリスト」なんてわたしは到底なれません。
たーくさんいい食器で食器棚をいっぱいにして死にたいです。

あとから、みんな喜んでくれるよ、きっと。


うちの場合は日常で自分たちが使ってみながら
食器を作っているから
自作の備前は頻繁に使っていますが

もちろん、ほかの作家の方の器も愛用しています。

ただの器だと満足いかない体になっているので
贅沢しています。


たとえば、お昼にちゃちゃっと、
冷やし中華風そうめんを食べようっていう時だって
「作家モノ」 の器、じゃんじゃん使いますよ。
子どもだって、もちろんいい器を使ったほうがいい。
プラスティックの器になれちゃっている子どもほど
だいじなものをこわすとおもいます。



2017-7-19 ☀︎ 食卓<br />食べてる途中の散らかったとこで<br />すみません。<br />.<br />そうは見えないだろうけど<br />ちゃちゃっと作ったら<br />劇的に美味しかったので。<br />.<br />モモの要望で半田そうめんを茹でていたら<br />ソラが「冷やし中華が食べたい〜」と<br />言い出したので、途中から<br />冷やし中華風の半田麺にする。<br />.<br />ご近所Kさんにもらったトマトを切る。<br />胡瓜を細く切って少しだけ塩もみ。<br />ソラが薄焼き卵を作って切るあいだに<br />モモと一緒に庭に<br />ミョウガが無いか探しに行ってみた。<br />小さいのが5本出ていたから<br />いただきものの茄子を塩もみしてミョウガの<br />細切りとまぜる。<br />これは大人用で<br />子どもにはツナ缶のツナ。<br />.<br />麺つゆも作ったんだけど<br />冷やし中華風のタレもつくる。<br />酢、しょうゆ、砂糖を塩梅して混ぜるだけ。<br />そこに、買っといてよかった<br />フルヤジのラー油。子どもは胡麻油。<br />.<br />ただそれだけだけど、なんかうまかったよ。<br />たぶん、食べたい時に食べたい味を<br />食べたからだな。<br />.<br />#半田そうめん #冷やし中華<br />#フルヤジ #鶴見宗次 #伊藤環 #浜坂尚子






















⇧⇧⇧
(俯瞰でわかりにくい写真だけど・・・)

右手、常滑の鶴見宗次さんの黒い器。
なんと、ぜんぶ手びねりなんです。
お酒が好きな人なんで
酒器もほんといい。お酒がすすむ。

伊藤環さんは岡山に引っ越して来られてから知り合いましたけど
洒落てるのに手に取りやすくて、なるほどいいんですよ。

これは証太の徳利が欲しいって買おうとしてくれたので
物々交換しませんか〜って言ったら、普段そんなことあんまりしないのか
「物々交換ていいねえ・・・!」って、環さんもよろこんでました。
ものつくっているひと同士にとってはお得感すごいです。

浜坂尚子さんはそもそも昔からの友だちの相方なので、
なんか親戚みたいな氣持ちです。器かわいいです。
カラフルなのもとってもいいけど、白いのが好きです。

あとはほとんどうちの焼物だね。



あるギャラリーの方が言ってましたが
焼物やさんは、展示会に来てほかの人の焼物を買うんだけど
ガラスの作家さんはほかの人のはあまり買わないそうです。

ほんとうかどうか、検証はしていないんですが
なんかそんなかんじしますね〜
今度ガラスの人に会ったら聞いてみよう。







本題に戻りましてSFMのこと。
2日目のトークショーのテーマは
「ものづくり」ということで
証太と、さきほどのアワビ岡本さんが何人かの中に登壇していたのですが


となりの岡本さんの相方さん(奥様)と、二人で話した内容⇩⇩⇩


「ねぇねぇ、昨日のトークの料理人とか農家の人、みんな話上手かったよねえ!」

「声も通っていたしねえ」

「今日はみんな声がこもってると思わん?!」

「うん、なんか聞こえにくいなぁ、確かに(笑)」


どっちをわたしが喋ったかはご想像におまかせいたしますが

あとで、見ていた人に
「職人さんの奥さんが話したらいいのに」と言われるくらい
職人たちはそもそも、黙ってじっくり、の方が多いです。
その奥さん達は、社交的(にみえる)方が多いようです・・・
(だんだんそうなっちゃっただけだとおもうけど!)




そういえば、1日目の料理人、農家の方たちの相方は
一見、華奢で控えめなかんじの方が多かったような。
きのせい?
新婚の「ごまのアトリエ」あらため「丸瀬家」のふたり
かわいかったな〜
まるちゃん、ずっとのろけてたけど
相方にのろけてる男子、大好きですんでずっとそのままやっててほしい。



.<br />サニーフレンズマーケット<br />2日め日記<br />.<br />2日めのみ参加のワッカファーム。<br />10年前からうちの家族は<br />ここにお世話になっているのです。<br />.<br />たっちゃんのディスプレイは<br />もう、デコレーションの領域やね。<br />.<br />売るためだけ考えたらこんなに<br />持ってくること無いんだろうけど、<br />美学として、このボリュームがいるんだよな。<br />野菜はそれだけで美しいってこと<br />魅せたいんだよね☺︎ .<br />うちが「Theやきもんや」であるように<br />ワッカファームは「The百姓」である。<br />領域が違うけど<br />やっていることの根本は同じ。<br />.<br />#SuunyFriendsMarket<br />#waccafarm

2日目から登場の安定のディスプレイ、というかほぼ「野菜デコ」
ワッカファーム。

このデコ、大好きです。
野菜への愛、野菜の美しさが伝わってくる、見れば分かる。

リーダー竜也くんはミュージシャンだし喋りもけっこう能弁ですが
野菜に語らせるのが上手だね。
本人に向かって褒めるのは忘れがちなので文書化。





2日め日記。(ゆ)<br />.<br />夏に体育館開催という予想通りの<br />暑さ、そしてビールが飲めない場所(!)という<br />ハンデを乗り越えて無事お開きに。<br />出店者は皆アスリート並の滝汗です。<br />同じ苦労を越えた仲間の連帯感を感じました。<br />.<br />最後は蕎麦屋で〆て帰った寺園家。<br />(目の前で出店していた<br />@unetablekaoriさんに会った!ご縁〜)<br />.<br />お客さんも暑いのに<br />頑張って見てまわってくれて<br />どうもありがとうございました。<br />たくさんの人にいっぺんに会えて<br />出店てほんとに面白い!<br />参加できてとてもうれしいです。<br />.<br />2日間とっても楽しいヒトモノコトが<br />満載だったので<br />色々レポートしたいところですが<br />うちはあんまり写真が撮れて無いので<br />@kendamarockcafe さんやら<br />@ennova_haikochallenge <br />@cotanhidee <br />なんかを見てみてくださいね。<br />楽しさが伝わるといいなー<br />.<br />ゆうは相変わらず喋りっぱなしでした。<br />今回は声は枯れなかったけど。<br />(湿度の高さと酒が無かったのが幸いした)<br />子育ての話ししたがる人の多いこと。<br />まだ子どものいない若い人から、<br />既に成人したお子を持つマダムまで<br />なんだかしらないけど話題は子どもの見守り方の話に。<br />.<br />子育ては親育ち、なんて言いますが<br />ともかく親が幸せになることは大事と<br />おもいます。<br />昨日のトークでも話題にのぼってましたが<br />「幸せってなんなんだ?」って<br />考えることだけに、はまらないで<br />小確幸(小さくて確実な幸せのこと  by村上春樹)<br />を毎日重ねていきつづけることは<br />良い方法とおもいます。<br />ビールは大人の大事な小確幸アイテムですから、<br />ぜひ暑い時には飲みたいですね(←しつこい)<br />.<br />写真は、出店されていた<br />#北浦和也 さん 作<br />証太の似顔絵人形。<br />(フィルタかけずにあげてみたんだけど、<br />顔色よくなかったね)<br />.<br />北浦さん、すごーくソフトな雰囲気の方で<br />ふだんは彫刻家だそうです。<br />可愛い木の彫刻つくられている方です。<br />知らなかったので<br />お会いできてよかったです。<br />また次会えたら子どものをお願いしたいな。<br />.<br />ほんと顔濃いですねー<br />と、なんども言われました。<br />ちゃんと帽子もつけてくれました。<br />うまいね。<br />.<br />#sunnyfriendsmarket <br />#サニーフレンズマーケット

北浦和也さん作の似顔絵木彫り。なんかイイです。
今回のすてきな収穫のひとつ。

⇩きたうらかずやさん

かわいい。








全体の感想は一言で言うと、

「暑くてビールが無いの以外はみんな楽しかったね」です。

これは、うちが家族で打ち上げをしに
岡山にある「くるり」(字、わすれ) というお蕎麦屋さんに行った時。

奈良にあるジンジャーシロップ屋さん「ユヌターブル」の
ご家族もちょうどいらしていてミニミニ打ち上げが思わずできちゃいました。


⇩ユヌターブルさん(かき氷美味しかった!)

そこのかわいい息子さんが言っていた言葉が
「暑い以外はみんな楽しかったね」だったそうです。

大人なので、そこにビールを加えさせてもらいました。(←ほんとにしつこいわたし)










岡山に、ひとあじちがう、オーガニックなマーケットが生まれた時に
立ち会えました。みんなありがとうです。






そもそも、今回のマーケット



自然食コタン

今回、
コタンのヒデに誘ってもらって出店しましたが・・・



そのほかにも



いりこのおっちゃん

ENNOVA岡山 英美ちゃん


こういったいいだしっぺの立役者がおられました。

まぁまぁ、夏に廃校の体育館でやったら
暑いだろうとか、そういうのは分かるんじゃないかとおもいますが

こういう有機的なつながりで何かを始める時は
そんな論理的思考は働かないのは世の常でしょう。

きっと飲みながら決まったのでしょうし、
暑くっても、この3人の氣持ちがとっても伝わってきました。


ヒデ、隣で出店していたけど
一言も「暑い」とか言ってなかったよね。
主催者の責任感、しっかりかんじましたよ。

その隣で、あついあつい、かき氷かき氷、
なんでビールが無いんや〜って、遠慮なく言いつづけていたのは私です。

責めてるんじゃないんやでー!!
言わないと頭が沸騰しそうだったんだー
そのくらい許せよ 笑




ヒデが常日頃語っていることでもあるし
うちの証太も同じことを昔からぼそぼそ言ってるんですが


そもそも、「オーガニッックってなんだ?」

といった時に

畑で、農薬使わない、化学肥料使わない、

それだけじゃなくて

やはり人間関係もオーガニック(有機的)というのが

オーガニックだとおもうのです。





だから、今回の SunnyFriendsMarket に参加して

ほんとにこりゃ、オーガニックな祭りだったなあ!とおもいます。






人と人はもっと混ざっていけたらいいですね。




来年もまたよろしくお願いします。





(ゆ)















posted by terra at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

Sunny Friends Market 7/15(土).7/16(日)“くいしんぼう” と “もの好き”のー愉快な同氣相求ー 



明日7月15日から2日間

岡山市の旧内山下小学校体育館
で開かれる「サニーフレンズマーケット」に出店します。

「くいしんぼう」と「もの好き」!

これはずばりわたしのことね、という方も多いのではないでしょうか。

岡山きってのくいしんぼうと、もの好きが企画した愉快などうきあいきゅう・・・? 
なんでしょうか、この言葉は。

聞く暇がありませんでした。なんだか見たら意味はわかるのですが、読み方が・・・?

ぐぐってみます。

⚫️参照

ああ、「どうきあいもとむ」「どうきそうきゅう」

だそうです。

意味は見てのとおりで、氣の合う人たちが求め集まることだそうですね。
出典は易経だそうです。

これも調べていたら話が終わりませんので、各自興味のあるかたは深く掘っていただいて

とにかく、もう明日からになりました。



工芸の出店、各地のクラフトフェアとはちょっと違う顔ぶれですね。
クラフト系と、祭り系と、zakka系・・・会ってみたかった人たちがたくさん。
会いたかった久々の人たちも。

たのしみ!



食の出店は、いりこのやまくにさんと
コタンのヒデの肝いりなので、安定感あります。
当日暑いことを見越して
高知と奈良からかき氷が2店出店しています。

もちろん、シロップはオーガニックでしょう!笑


たのしみ〜〜!



うちは家族4人で行く予定です。
みなさんにお会いできるのをたのしみにお待ちしています!



sfm.jpg


Sunny Friends Market
“くいしんぼう” と “もの好き”のー愉快な同氣相求ー

開催日: 2017年7月15日(土)、16日(日)

     ※荒天中止

時間:  10:00〜16:00

会 場: 旧内山下小学校 体育館

住 所: 岡山県岡山市北区丸の内1丁目2-12(岡山市民会館向かい)

アクセス: 岡山駅より徒歩 約20分
      路面電車…東山行き「城下(しろした)」下車 徒歩3分

入場料金: 100円

*15日、16日 14:30〜 出店者によるトーク。詳細はSNSで発表! 


お問合せ: sunnyfriendsmarket@gmail.com
当日のお問合せ先: 070-5677-5407

*体育館は土足厳禁です。スリッパをお持ちください
*旧内山下小学校には、お車は駐車できません。
 近隣のパーキングをご利用ください。

出店店舗

■食
いりこのやまくに×あたらしい日常料理ふじわら(香川×東京 / いりこ・カレーうどん)
お米農家やまざき(茨城 / お米・米粉)★
オルト・デリ(岡山 / 野菜・桃)*15日はgrid kitchenと31COFFEEと
コウボパン小さじいち(鳥取 / パン・飲食)*16日のみ
Konishi Koffee(岡山 / 自家焙煎珈琲)
・SAMO coffee (岡山 / 自家焙煎珈琲)
自然食cotan(岡山 / オーガニック食材)
山角や(東京 / おむすびワークショップ)
七穀ベーカリー(大阪 / 自家製酵母パン・豆乳ドーナツ)
ダイヤメゾン カフェ(大阪 / 日本の地サイダー)
terzo tempo(高知 / かき氷)*15日のみ
ten ton (奈良 / チーズケーキ)*15日のみ
蒜山耕藝×オカズデザイン(岡山 / 農作物・豆腐など加工品・飲食)*15日のみ
foodscape!(大阪 / ホットドッグ)
フルヤジ オーガニックス(高知 / かき氷・ラー油)
丸瀬家(鳥取 / 土ある暮らし)*15日のみ
蜜香屋(大阪 / 中崎ポテト)
・モンゴルパン(兵庫 / モンゴルパン)
ホホホ座(広島 / スパイスカレー・焼き菓子)
une table(奈良/ジンジャードリンク・かき氷)
Wacca Farm(岡山 / 無農薬野菜)*16日のみ
青果ミコト屋(神奈川 / パッタイ)*15日のみ 
北坂養鶏場(淡路島 / 食材)

■工芸
・AIR ROOM PRODUCTS(岡山 / シャツ屋の作る手作りエプロン)★
okapi (大阪 / 帆布カバン)
小野象平(高知 / 陶器)★
北浦和也(大阪 / 木彫り・似顔絵キボリ)
coupé(東京 / 靴)
小林克久(岡山 / 木工・シェーカーボックス)
KENDANA ROCK CAFE (広島 / ケンダマ)
匙屋さかいあつし(岡山 / 木製スプーン)
safuji(東京 / 革小物)
Skip whih Pfütze(東京 / 本・シルバーリングワークショップ)
須波隆貴 (岡山 / い草かごワークショップ)
ダイヤメゾン 雑貨(大阪 / ダイヤ印のアルミ製品と生活雑貨)
寺園証太(岡山 / 備前焼)
pieni Tori×451BOOKS (岡山 / 雑貨・本)
風景をつくっていく野良着 SAGYO (岡山 / 作業着)
まるふく農園(高知 / ハーブの苗・鉢植え)*15日のみ
まちのシューレ(香川 / 食品・雑貨)*16日のみ
Yosuke Yamauchi(兵庫 / 冊子・雑貨)★
ヤマコヤ やまさき薫(東京 / イラスト・紙布雑貨)★
梵やり堂(徳島 / 天然石のネックレス)
ゆかい社中そらぐみ(徳島 / おひつ・桶 )
LIFE IS A JOURNEY! (兵庫 / 旅の雑貨) 
大神慶子(山口 / ポストカード・グッズなど)*15日のみ
Awabiware (淡路島 / 日用食器)

★印は「Sunny Friends Store」にて販売

関連サイトのご案内

Sunny Friends Market のイベント情報に関しては
こちらでも情報発信しております!
▷ ENNOVA OKAYAMA Facebook イベント情報


主催:特定非営利活動法人ENNOVA OKAYAMA
後援:岡山市
協力:いりこのやまくに / cotan



*情報元*
 特定非営利活動法人 ENNOVA OKAYAMA
 のHPこちら → ⭐︎ http://ennova.jp/?p=3011









出店者によるトーク、というところ
寺園証太も、どうやらトークの人員に入っているらしいです。


どうなることやら! わたしが聞きたいわ!





(ゆ)
















posted by terra at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

牛窓クラフト散歩 おわって


牛窓クラフト散歩 にいらしたたくさんのお客さま。

各地から牛窓に旅して来てくれた作家の方々。

クラフト散歩の発案者でアートディレクターの木工作家 山本美文さん .

主催の カフェドグラス の末藤さん.

クラフト散歩の実行委員の方々、ボランティアの方々、

みなさんのおかげで、2年前に引き続き

素晴らしい2日間を過ごすことができて感謝しています。

ほんとうに、どうもありがとうございました。


✳︎


わたしたちは地元に住んでいますので

クラフト散歩の開催地でお店と工房を開いている 匙屋 さんに次いで

2番目に近場からの出店者です。



牛窓は、穏やかな海が広がる景色と

緩やかな山の風景、どちらもが楽しめる

健やかな田舎です。


交通の便利が良くないので

ドライブならともかく

普段は街からお散歩しに来るには難しい方も多いかもしれません。




✳︎




わたしたちが出店していたのは

塩町唐琴通り、という昔栄えていた旧商店街。


今では、空き店舗や空き家が多くなっているところです。




ここに、たくさんの作家さんが出店したところは

テントを張るタイプのクラフトフェアとはまた、違う風景が広がります。




まるで、こんな商店街がふと現れたように意図して錯覚すると

それはとても幸せな光景でした。



✳︎




うちはわたしと、証太、それから10歳の姉と、

2歳11ヶ月の「可愛い爆弾(最近の渾名)」

とともに出店でした。



大人は二人なので、

交代でお店をまわれるとおもっていたのですが

今回は子どもについて外からウインドウショッピング、

になってしまいました。

(よって、写真もほとんどないのです)



子連れの方々は多かったですが

見るものが壊れ物であるので

気も使うし、大変だろうなとおもいます。

でも、ちょうど、子どもが小さい世代の方々が

良いものを求めて来たいような心憎いイベントなんですよね。



商店街を使ったフェアの底力が出たのが

一日目の豪雨の際。




屋外テント型のクラフトフェアは、雨に降られると大変です。

雨が降るだけならまだ良いのですが、たいていは風と一緒に来るので。

出店者もお客さんも必死でテントの足を押さえたり作品を雨から守ったり。

飛んでしまいそうな他のテントも加勢しにいかねばならぬし。



うちは焼物、風はともかく雨はだいじょうぶなので

こういう時は手が空いたら、衣系の方や紙、革、金属の出店者を助けに行きます。



しかし、今回は屋内なので

皆、慌てることも騒ぐこともなく

雨雲が行ってしまうのを待ちました。



あとから、海のそばに住んでいる友人が

この日は海が見たことがないくらい沖まで引いていて

「なにが起こるんだろう?」とちょっと怖かったと言っていました。

(見たこともないくらい、とは言ってもこの友人は最近海のそばに住み始めたばかりなのですが)




この日の雷雨は一部で雹まで降ったらしいですが

要は「春雷」で、この日から本格的な春になる

分け目の日だったようです。




こんな形のクラフトフェアのようなお祭りが

全国に広がると、面白いですよね。


町おこし、も兼ねているわけです。


実際にお店が開いているところを見ると

商店街も喜んでいるなぁとおもいました。



✳︎



(ゆ)
























posted by terra at 17:44| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

窯出しイベント 準備中

ここ最近は来月12月5日から


自宅で行う「窯出し展示会」の準備。


この展示会は初窯の時からやっています。


窯をつくって、初窯を焚いて


まだ個展をやってなくて


どこのお店にも置いてないころ


確か最初は2週間とか長〜い展示期間で


誰が来てくれるんだろう・・・と思いながら準備して。


それなのに、お客さんは毎日来てくれて


ありがたかったなぁ。


途中すごい風の日があって


「今日はさすがにお客さんは来るまい」と


家で酒盛りを始めていたら


来たじゃないですか、お客さん。


その人、ゆうりちゃんは、風が吹いたから来たくなったらしい。


人は色々だから、うまくいくんだなぁ。



手でものをつくって


それをひとつひとつ売って、暮らしていくことは


それだけで


キャピタリズムに対する


レジスタンスなのだとおもう。



修行がおわって独立したばかりのころ


初窯の商品を今みると


やっぱり今よりは下手ですよ。



でも、小川壮一さん に言われたのは


「下手でもかわいげがあれば、いい。


 上手くてもかわいげがないのは、よくない。


 寺園くんのはかわいいからいいよ」



小川(オガソー)さんは


すごく率直で自分軸の人なので


わたしたち二人とも好きな人だし好きな作家です。


好きな作家さんに本質的なことを褒めてもらって


うれしい。



褒められるのって、誰に言われるかが重要だな。






初窯のころに買ってくれた


お客さんや、友達、すごいとおもう。



看板も評判もない


証太がつくった焼物を


気に入ってくれて、買ってくれて。



なーんのブランドもないのに。


なんて目のあるヒトなんだと、わたしはおもうのです。


お客さんはある意味いつも自分を越えた人が来るなぁとおもう。


その時の自分になにかを教えてくれる人がきたりする。



わたしから見た証太は、純粋でスロウな人で


修行時代に展覧会などの出品をなにもしなかったのは



「だって、自分の窯で焼かないと自分の焼物じゃ無いとおもった」


と言うから、わたしは


その時は、正直困った人だとおもった。


だって、子供生まれたばかりだったし。




何度も一緒に窯焚きをした今なら


彼の言っていることの一端はわかるようになったけれど


ようするに世の中のことを計算とか、計画とかできんのだなぁ。



でも、彼のそういうところはすごく好きなところでもある。



うちに来てくれるお客さんが


いい人ばかりなのも


彼が心の広い人だからなんじゃないかとおもう。


独立するころに先輩に聞いた「困るお客さん」には、


実は会ったことがなくて


うちのお客さんって


ほんとうに素敵な人が多いのです。



たまにわれわれ夫婦で


お客さんのことを


「あの人たち元気かなぁ」と


言い合ったりすることも、よくある。


友達なのか、お客さんなのか


さだかでない時だってよくある。



あたりまえだよね


わたしたちみたいに自分をさらけ出す仕事していたら


どうやってもそうなっていっちゃうんだ。


焼物好きだって、気に入ってくれたら


自分たちの子供を褒められているようにうれしいのだから。




今回久しぶりに家で展示をして


お会いできるのがとてもうれしいのです。


個人的にゆっくり話をできたらいいんですけどね。



焼物だけだと、せっかく牛窓に来てもらってもったいない


とおもうので


今回はイベントの日をつくっています。



初日に 宇摩ちゃんの津軽三味線の超絶ライブがあったり。


最終日に美味しい石窯ピザが目の前で一枚一枚焼かれたり。




平日はけっこうゆっくりだとおもうので


焼物のほかには コーヒーくらいあったらいいわ


という方は、平日を選んでいらしてくださいね。







詳細は追って更新します。










モノには、初めは価値などない


ヒトが、モノに価値を与える


ヒトのおもいが、モノに価値を与えるのだ。





今45度<br />10月後半の朝は肌寒い



(ゆ)




posted by terra at 03:02| 岡山 ☀| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

餅つき


今日ずっと薪ストーブで焚いていた小豆を

最後に煮詰めてあんこにしないとと思って、ちょっと夜中に起きてきました。


昨日はパイポン畑家族が久しぶりにうちに来て

映画見ながら鹿肉を焼いて食べたりしていたのだけど

子供と早いうちに寝てしまってました。



日が明けたら、餅つきの用意を始めます。

証太は、家でする餅つきがずっと夢だったので

ことしはいつの間にか臼をどこからか貰ってきていて

杵も最近借りて調達。

初めての自分ちの餅つき。


田舎にいると、臼や杵も皆持ってるんだと感心してるのですが

よく見ると、道路から見かける家の庭先に

石臼がひっくり返しておいてあったり、

金魚鉢になっていたりします。



ここに住んで6年になるけれど

毎年、いろいろな餅つきに参加させてもらっていました。

ことしは、関東に住む自分たちの兄弟姉妹にも

お餅を送ってやりたいという気持ちもあって

家でがっつりついてみようかなと思います。




先日の選挙の結果を見ると

まったく晴れやかに餅つきしている場合じゃないようなもんですが

落ち込んでいてもしょうがないし、せっかくだから

ひと臼ずつ、気持ちを込めて、

丸くて、白くて、すべすべしてて、あったかい、

幸せの象徴のような、お餅を

たくさんつくって、実りをいただこうと思う。



世の中、お金を中心とした価値観でつくられてて

そこから自分を遠ざけることは日々難しい。



自民党がこれから、公共事業を中心とする政策を施行して

世の中の景気が一瞬よくなったように錯覚させられるかもしれない。


でも、80年代の好景気を思い出したらいい。

ただ、世の中に回っているお金が多いだけで

それが豊かなのかどうか、ほんとに考えてみたらいい。



備前焼にも、バブルの以前に作りさえすれば売れた時代があったらしい。

「いい時代がまたきたらいいのにね」と、親切心で言ってくれる人もよくいるのだけど

私たちは、バブルがはじけた時にはまだ学生だったので

そういった好景気を一度も実感として感じたことはないのだ。



不況育ちだからか、そういう時代の方がまだ、実がある時代だと思っている。

確かに、良いものをつくったからといって、すぐにたくさん売れるわけではないけれど

自分たち自身も、より良いもの、美しいもの、素敵なもの、こころを震わせるもの

を、考えながらじっくりと求めることができる。

今、なんでもいいから高いモノを出してくれ、と言われたら

ずいぶん複雑な気持ちがすることだろう。




求める先がお金だったら、なんて人生は無意味なんだろう。

お金というのは、ただ、価値を約束されている紙なのだ。

それ自体は、食べられるわけでもない、着られるわけでもない、住めるわけでもない。

お金が無くては生きていけないという言葉は

本来の意味で間違っている。


食べるところ、住めるところ、着るもの、

そして、助け合えるコミュニティが無いと

人は生きていけないけれど。



(ゆ)






































posted by terra at 03:20| 岡山 ☁| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

ナポリな夕ごはんの日


昨日、おとといと、遊びにきてくれて

どうもありがとう。


また明け方まで飲みながら話してました。

今年はなんどもそういうことがあったのですが、おとといもやはり思いました。

「テレビやラジオじゃこういう話は絶対に聞けない」

テレビ、長いこと家に無いですけど、まったく見たいと思わない。

なぜなら時間がもったいないから。

人は、ライブで長いこと話さないとほんとにおもしろい話はでてこないし

同じ波長で過ごさないと、面白いことにも気づけない。

楽しい思いをしたければ、テレビを眺めるのではなくて

自分から取りにいかないと手に入りません。



たとえば、今回の選挙。

自民党が圧勝らしいですけど

不正選挙だね、これ。

実感とこれだけ違うのはあまりにも露骨。

テレビを消して、人と話し、自分の頭で考えよう。

このままだと、日本は戦争になるよ。

戦争したくてしょうがないおじさんたちに、税金の使い方を

任してはだめでしょう。

防衛とかなんとかではなくて、戦争をしないようにするのは

対話が必要なだけなのです。

戦争の反対語は、「平和」ではありません。

戦争の反対語は「議論」「討論」「話合い」でしょう。

「平和」というのは状況で

「戦争」というは行為です。

ぜったいに憲法9条は変えてはいけない。

憲法9条こそが、世界遺産です。





昨日は「マンチズピザ」のマルオウ君とエイコさんが来てくれました。

正しくは「マンチズピザ」で「マンチーズピザ」では無いそうです。




マンチズのピザは値段も手頃で、素材が良くて、ほんとに美味しい。

ふたりにはまたやってもらいたいな。

毎週土曜日に、うちの庭にピザ屋が開店するなんて、素敵なんだけど どうかな?




ピザ以外のサイドディッシュは、あわせてうちが手作りしました。

よくうちでご飯を食べている友人もたくさん来てくれるので

いつものお惣菜料理ではなく、チーズだの生ハムだのいつもは買わないものを

割り勘にしてでおいしいものを食べる、というようなイメージで。



昨日は、タコとイカのマリネと、チーズと生ハムと、サーモン入りオリーブとフレンチフライ、

それに、友人のパン付。それが前菜プレートで500円でした。

ピュア蔵君は、「このフライドポテト、マクドナルドよりおいしい!」

って言ってくれたけど、「あたりまえやん!!」

北海道の無農薬じゃがいもを、皮付きのまま、ゆっくり時間をかけて揚げて

おいしい塩をふって食べるだけだけど。





いろいろな差し入れをいただいて

牡蠣だとか、スパークリングワインだとか、手作りお菓子のふるまいが

皆の間をまわり、某雄作君が持ってきてくれた大量の取ったばかりの柚子も


大喜びでお土産に持って帰り、

昨日は、アルコールを飲む人が少なかったので

われわれで残りはいただきます。

これも宴の良さですな〜 残りものに福がある。

八幡さん、余市はゆっくり飲みます。


結局また最後は夜中まで外の焚火を囲んで星を見て。

家に薪ストーブあるのにね。焚火はやはり魅力的。



一緒に遊んでくれた友人知人のみんな、ありがとう。

これからも楽しいこと、たくさんしましょう。



戦争に反対する行為はデモだけではありません。

自分のしたい生活、自分の愛するアートを

ぜったいに守り抜く、同じ生活をしつづけることも一つの反対行為です。

そして、自分が思ったことを誰にでも率直に話すこと。

思ったことを口にだせないことこそが、おかしいのです。




次、19日は、餅つきします。

ご近所さん、よかったら寄ってってください。



(ゆ)





posted by terra at 12:15| 岡山 ☁| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする