2018年02月08日

バーバパパ と サドベリーバレー


本を読むのは、わたしと証太の共通の趣味なのです。

趣味というよりも

ふたりとも活字中毒ぎみかもしれません。



家族みんないつも本を片手にしているようなものです。

本棚はもちろん、階段、トイレ、布団のそば

家中いたるところに本が積まれています。

寸暇を惜しんでなにかと読む。






こういうところ、長女のソラも見事に受け継いでまして

もののみごとな本の虫です。




#てのひらまつり<br /><br />どこにいても同じ生活<br /><br />#soraの生活
キャンプに行って本を読む人
ちなみに「大草原の小さな家」シリーズ









証太は好きな作家の本はとにかくぜんぶ読みます。

百閨Aスティーブン・キング、村上春樹、ジョン・アーヴィング

こういうのはぜんぶ読むって決めているらしい。

わたしはそのへんはけっこう適当です。

最近は、田辺聖子さんとか中島らもさんが好き。関西弁が好きなのかも。

自分のアンテナにひっかかればなんでも読みます。

長い小説や、ジャーナリストの書いた本を読む時以外は

だいたい平行して何冊かは一緒に読んでいることが多いです。



本を読むのが趣味というと

おとなしい趣味だとおもわれて

近所の奥さんの評判もいいのだが、

活字中毒者は本屋に立ったら

まるでキャバレーの客引きにあっているような

誘惑をかんじて、血圧が上がり鼻息が荒くなるわけで

ただ、キャバレーに行かずに同じような欲望に身をまかせて

本を読んでいるだけです。




そんなことを言っていたのは

故 井上ひさしさんです。



わかるわかる!

本はだいじな友だちなんですよね。




中島らもさんも、韓国に行った時、読むものがなくて

ちゃんと活字が読みたくてしょうがなかったと言っていたなぁ。

韓国とか中国、台湾だと、

なんか読めるような氣がするんだけど

読めないのがストレスなんでしょうね。





本読みには本が大量にいるので

町の本屋やアマゾンで読みたい本を買うのはもちろん

家族で週1か隔週1で図書館へ。


家族全員20冊ちかく借りて帰ります。

4人で80冊・・・



まぁ、漫画も雑誌も含む、なので

すぐに読んでしまいます。



自分が読むものがなくなると

家族の借りてきたのももちろん読みます。


最後には子どもが借りてきた漫画なんかも読んでいます。




モモだけはまだ自分で字を読まないので

絵本を借りてきては

わたしに読ませます。

わたしが疲れたら、次は証太。時々はソラ。

すでに本好き。

さいしょっから本嫌いな子っているのかしら。わからない。




ソラの時も、字を教えたことはないのだけど

モモみたいに絵本をずうっと読んでやっていたら

どんどん字が読めるようになっていました。

遊びから学習への階段は

どうやらなめらかにつながっているようです。





わたしは今は

子どもに服をつくってあげたりもしない。

ありがたいことにおさがりとプレゼントで

あまるほどに足りてしまうし。






甘いお菓子っていうのも、実はあまり子どもには

いらないかなーとおもうので

ソラが小さいころには凝って作っていたお菓子も

そんなにつくらない。

実は、わたし自身が子どものころに砂糖抜きで育てられたので

大人になってもあまり欲しくないというのもある。











ただ、いつも変わらず本は読んであげたい。

どうやら、今のところ

わたしの好きなことの中で

子どもが喜ぶ最高のことのようです。



そのうち、自分で読みだしたら

絵本を読んであげる機会なんてなくなるなーとおもうと

今だけできるコミュニケーションなんだよね。

なによりも「ゆっくり絵本が読める」時間を

わたしは子どもと一緒に味わいたいわけです。




実際やってみるとわかるのですが

本を読んであげるのって

ほんとうに贅沢な時間です。




もし、家事や仕事におわれて

本なんて読んでやる暇がない!という方がいらっしゃったら

ぜひ、一度 掃除が済んでなかろうが

午前中に洗濯物が干せなかろうが

座り込んで、子どもを膝の三角の中にいれて

一緒に本をゆっくりゆっくり

読んでみてください。

楽しい・・・かもしれませんよ。








絵本なんて、考えてみたら一年で3000回以上は読んでいます。

そんなに絵本を読める環境にあるのは

わたしのような子育て中の人か

あとは保育園や幼稚園の先生くらいかも。







でも世の中には膨大な本があるので

もりもり読んでも読みきれませんね。


数ある中で、わたしたちに出会ってくれた本たち。

体系だった読書家はうちにはいないので

他のものと比べて評論なんてできないのですが

とにかくいろいろ読む本好きとして

面白かった本を記録します。










今回図書館でモモが選んだ本のなかのひとつ
バーバパパ。
わたしたちが子どものころからあります。

フランスの色もきれいだし、
今でも小さな子から大きな子までみんな好きです。

シリーズがたくさんあって
この「がっこう」は
理想のがっこうをつくるバーバパパの家族のはなし。


ふつうの「がっこう」でのオチコボレというのは
実は才能豊富な子どもなのです。

大人に、受け入れる素地が無いだけ。

じっくり見ていたら、だいたいの子どもは天才性をもっています。






こちらは大人が読んでがーんとなる本。

子どものホームエデュケーションのことを考えた時に
なによりもわたしには参考になった
サドベリーバレーという「自由な学校」の本。

なんと、学校は器だけで
カリキュラムが全く無い「学校」です。
大人は、相談役としているだけで
自分からはなにも教えないし
学校の運営は子どもの自治です。


これを読めば「バーバパパのがっこう」は
べつに子ども向けの夢物語では無い、ということが
すぐにわかります。


わたしはソラが自宅学習を選んだおかげで
この本に出会えて、とてもよかった。


子どものころに「こんな学校があったら良いのに」
とおもっていた学校が、ほんとうにあるなんて
この世も捨てたものではありません。


ちょっと定価が高い本なんですが
子育て中で考えるところのある方は
ぜひぜひ購入されて手元に置かれ
たまに読み返すと良いとおもいます。


子どもも自由になりますが
きっと大人の頭も自由になる。


そして、自由とはたいへんだが
とても楽しいものだとわかるかも。


学校へ行っていようがいまいが
大人が子どもに対して「教育者」であるという姿勢の
その真髄が書かれています。

























posted by terra at 01:39| 岡山 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。