2017年07月01日

豪雨が残していったもの


先日は牛窓でも、ずいぶんな豪雨でした。

なにかをまるごと洗い流すような雨。



家の屋根を打つ雨音を聞きながら眠るのは

好きな時間なのですが

今回はそうもいっておられないようなことがありました。



証太の登り窯の中に水が流れ込んで

窯の中で乾かして保管していた大皿が

6枚もとけてしまったのです。



そもそも

証太は、ひと月ほど前に

窯の煙突をつくった時以来のぎっくり腰をやりました。



それで、窯焚きの時期を延ばして

8月20日からの予定にしました。
(もともと6月の予定)


せっかく延ばしたのだから

いろいろと作品づくりを充実させて

たくさん新しいのを

作っていたんです。




腰痛を押して

時間をかけてつくった大皿が

あっという間に粘土に戻ってしまいました。







そもそも、窯をつくった時に焚き口の

位置が低くなってしまったのが問題なのですが

10年前のことをとやかくいってもはじまりません。



最初に友人の手作りの登り窯の窯焚きを見て

備前焼に惹かれた証太ですから

窯を自分でつくることは必然だったのです。




10年前、ブログってなんやろ?とかおもいながらも

とりあえず記録していたころ。




ほんと、よくがんばってるなぁ。



最近になって

「自分はけっこうコツコツ型なのかもしれない」

とか言い出した証太のことが

わたしは面白くてしょうがない。

なんてことに、今更氣がつくんだ??

手相を見た人に

「鉄の意志をもっている」とか言われていたじゃないか。

その時も「どこにその意志は行っているんだろう・・・」とつぶやいていたけれど。


しかし、そんなところを尊敬している

もっとも大切な友人でもある相方です。





私の方は、第一子ソラが生まれて、初めての子育てに

かかりきりになっていたころ。

窯を作っていた前半のころは

少し離れたところの長屋で暮らしていたので

私は私で、別の物語があります。





窯、こんな風につくっていたんだなぁ・・・

ぜんぜん手伝いできなかったから

記録が残っているのが今になってみて嬉しいです。



豪雨対策は今までもいろいろやっていて

窯屋根のまわりにレンガを積んだり

水抜きの溝を切ったり、ためしていたのですが

今回の豪雨は雨量も多いし、時間も長くて

たくさんの雨が窯の中に流れ込んでしまいました。




証太は「もっと良いのつくれってことだ」と

自分を励ましています。

もともとけっこう楽観的なんですよね。

でもがっかり感は当たり前にあって

なぐさめるくらいしかできませんが。



2016-5-31<br />日常まであと2日<br />年々早く感じる<br />窯焚きの日々



はやく窯焚きたいなー























【関連する記事】
posted by terra at 17:51 | TrackBack(0) | 焼物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック