2016年06月30日

参院選 その2  三宅洋平の髭についておもうこと


わたしは、ずっと政治には興味がなかった。

「個人」主義だったからね。

三宅洋平くんも同じようなおもいだったとおもう。


20歳から投票には行っていたよ。

自分たちの責任さえ果たしたら

あとは社会の端っこで 

好きに個人で生きてやろうとおもっていたから。

当選しない人にばかり投票していたね。

べつにそれでもかまわなかった。

関係ないってどっかでおもっていたのだ。

自分と社会は関係ない。

あっちはあっちでやっててね、こっちはこっちで

楽しくやるから。って。





政治家や、官僚や、軍人や、警察官よりも


ミュージシャンや、画家や、有機農家や、

漁師や、パン職人や、料理人や、寿司職人や、

大工や、写真家や、ダンサーや、陶芸家の方が

職業としてかっこいいとおもっている。




だから、三宅洋平くんが選挙にでて

歌手の売名とかなんとか言う文脈の言葉を聞いて

「わかってないなー」とおもう。

洋平くんにとって、わたしたちにとって

今までどおりの形の政治家なんか、ぜんぜんメリットない。

かっこよくないんだもの。




自分たちの仲間がたくさんいる場所で

好きなことして生きていたら

幸せで、楽しくて、豊かに暮らしていけるのに



自分たちのことを、理解することができない

搾取しようと、騙そうとしてくる人たちのつくってる国会という世界に

ヒゲ剃れとか、髪切れとか、背広着ろとか

そんな口うるさい人のまっただなかに

好き好んでは行きたくないとおもう。






三宅洋平のヒゲを剃れとか

髪を切れとか言う人の言葉を聞いて

「わかってらっしゃらないなー」とおもう。

なんで、みんな同じかっこをしなきゃならないの? そもそも。


Unknown.jpeg











板垣退助さん

「板垣死すとも自由は死せず」の方です。

ほんとうは「吾死スルトモ自由ハ死セン」

と、おっしゃったらしいですけれどね。wiki先生によると。

見事なお髭ですよね。




Unknown-2.jpeg










田中正造先生です。

尊敬する方です。

足尾銅山鉱毒事件の時田中正造さんの書き残したものを読むと

この事件は、まるで福島原発の事件のようなものです。

昔から日本の構造はかわっていない。


立派な政治家の方でも

昔は立派なお髭生やしていらっしゃったですよね。




なんで、今頃になって

髭を剃れと言われないといかんのか。

幼稚な物言いじゃないですか、それは。






政治家の人、官僚の人、軍人、警察官、

みんな、自分のこと、かっこいいっておもってるのかな?

(おもってるんでしょうね)


自分の仕事、かっこいいっておもってるのかな?

(おもってるんでしょうね)


仕事してる自分の姿、子どもが見て、

かっこいいっておもわれると、おもってるのかな?

(おもってるんでしょうね)




お金儲けがうまいのがかっこいい?

権力持つのがかっこいい?



ごめん、正直いって、ださいよ。



権力って、組織が無いと、持てないじゃない。

組織の外にでたら、その権力って、無いんだよ。

なーにもない。

自分のこと知らない人から見たら

首相だろうが、官僚だろうが、警察官だろうが、軍人だろうが

どうでもよくない?



シンプルに考えて

人間はかっこいいか、かっこわるいか、でよくないかな。

動物なんだから。




シンプルにカッコよくないから

実は、権力とか、金とか、欲しいんじゃないの?

それがないと、女の人にもモテないから

モテないをこじらせて

そんなに、権力とか、金とか、あの世に持っていけないものに

執着してるんじゃないのかな。



今、洋平くんは


自分のことを知らない人にも話しかけて

振り向かせてる。



首相の街頭演説では、帰れコールが止まらないのに

彼の演説では

知らない人が振り返る。

立ち止まって、最後まで話を聞いて、涙ぐんでいる。






三宅洋平くんの演説を聞いて

人生を変えた人を知っている。




東京に住んでいた3年前の参院選で

彼の演説を聞いて

そこから覚醒が始まって

岡山に家族で農業をやるために引っ越してきた。




彼の言葉は、人の人生を変えることさえできるんだよ。

なんの権力もないのに

お金もないのに。

言葉だけで。



なぜ、言葉が説得力をもつか

その通りに生きているからだ。



ライブをやれば

自分のことを知らない人にだって

唄を心の底までとどけられる

彼のフェロモンは、すごいんだよ。





「わたしはスキンヘッドの人が昔から好きなの!」

っていう女の子にだって

唄い出したとたん「きゃー!!」って声を上げさせることができる。

体を揺らすことができる。




今、選挙フェスで

三宅洋平の周りに山のような人だかりができているのは

人が彼のフェロモンに集まってるんだよ。


首相には無い、フェロモンが

ばんばんに出ちゃってるから

男も女もみんな寄って行ってしまうんだよ。

首相も、男としては

そこ明らめた方がいい。





お金儲けって、いくら上手くても

お金使うの上手くないとセンス無いってことだよね。


お金って、使い方によっては

それを何倍にも膨らませられる。

お金、それだけじゃ、ただの交換券だからね。

何と交換できるか、するかは、その人のセンスなんだよね。



日本の国家予算

軍事費が何兆円とか

無駄遣いばっかりして税金払いたくないって

まともな頭だったらおもうよ、そりゃ。




三宅洋平くんに

わたしたちが住んでいる国の予算の分配を決める政治家になってほしいんだ。


今までの政治家よりも

お金を何倍もうまくつかってくれる。


みんなが豊かになれるように、幸せになれるように。


幸せって、シーソーみたいになってるわけじゃない。

みんなが自分の本来の自分で生きたら

みんなが幸せに生きられるはずなんだ。



安倍さんも幸せだし、

三宅洋平も幸せだし、

わたしたちも幸せ、そんな社会には、ほんとうにできるんだよ。

ちゃんとイメージしたらね。


でも戦争したいっておもう人には

ちょっと我慢してもらわないといけない。

戦争っていうのは

人間がつくった原罪なんだ。

これ以上に

多くの人の幸せを奪い

多くの人に迷惑をかけることは他にない。

公共の利益にもっとも反することなんだ。






「戦争」の反対語は「平和」じゃなくて

「戦争」の反対語は「話し合い」だよ



子ども育てているとわかるけど

男の人はそもそもあまり話し合いは得意じゃない。

だいたい女の子の方が2歳くらいから話しだして

男の子はそのころから

擬音語を駆使して飛行機を飛ばし、

車を走らせ、

見えない敵とずっと戦っている。


何が幼稚って

政治家が5歳児とぜんぜん変わらない思考回路で

見えない敵とずっと戦っているのが

ほんとうに幼稚なんだ。


女が、ちゃんと言葉をつかって

教育してあげないといけない。

世の中の男の子を育てるお母さん(お父さんも)

なによりも大事な仕事はとにかく、まず子育てです。




家庭の幸せと、同じく

暴力を使わない、って決めた状態で

話合わなければならない。

まず最初に決めないといけないのだ。



戦争をするかしないかで話しあいたいのに

髭なんか、あろうがなかろうが、どうでもいいじゃない。

髪型だって好きな髪型でかまわなくない?

ドレッドだろうが、スキンヘッドだろうが


せっかく生まれてきたんだから

自分に似合うのでよくない?

刺青入れたい人は、入れたらいいじゃない。

どんな服でも、着たいの着たらいいじゃない。

自分はほんとうにしたい格好をして

人の格好は、ほっとけばいいじゃない。



それから

タブーといわれていても

ほんとうに大事な話をしようよ。みんなで。

それが民主主義なんじゃない?

個人と、個人、みんな別々だからこそ

大事な話をとことんしようよね。





ところで7月10日の参院選の前日7月9日には

今、個展やってる ゆくり で お昼ご飯を食べながらお話会をします。

わたしたち家族と、ムサシくんで、みなさんとお話します。

選挙の話ももちろんしましょうよ。



ゆくり 「器と暮らす日々」

⇨満席になりました。


Inori のノリちゃんのつくってくれるお昼ご飯です。

Inori 

⇨ノリちゃんのベジキッシュとわたしたちがつくるご飯になりました。



お話の相方は、旅する写真家ムサシくん

Musashifilm



posted by terra at 15:05| 岡山 🌁| 政治・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリアンの会

本日は個展でとても素敵なイベントが。

イタリアンの料理教室 
viorto! の 今枝ゆかり さんをお招きして
オイルの特別レッスンの会を開きました。


▶︎viorto!
暮らしとつながる料理教室


特別レッスンの風景

2016-6-29<br />今枝ゆかりイタリアン料理の会<br />ゆくりにて<br />外は梅雨の雨<br />中庭がしっとりと濡れて<br />素敵な雰囲氣<br /><br />#寺園証太<br />#今枝ゆかり<br />#ゆくり<br />#waccafarm <br />#viorto!























関わってくださった皆さん、
いらしてくれた方々、
ありがとうございます。

受けたかったオイルの授業と
ゆかりさんの美味しいイタリアンを
証太の器でいただけて
たくさんの方とお話しできて
家族そろって楽しい時間でした。

野菜はすべて
ソウルメイトwaccafarmが
つくったオーガニック野菜たち。

▶︎waccafarm
歌いながらつくるヤサイ


アヤちゃんが来て、野菜の販売もしてくれました。

街から来ている人が多かったから
みんな山盛りのバジルや
瑞々しいズッキーニを喜んでいましたよ。


ゆかりさんの冷製ズッキーニスープは

1.オーガニックのズッキーニ、
2.オーガニックの玉ねぎ
3.イタリアの海塩、
4.オルチョのエクストラヴァージンオリーブオイル

ただそれだけの材料で
深い美味しさだったのです。

ほんとうの家庭のイタリアンの作り方を、教えてもらいました。

それが、つい最近
遊びに行って晩御飯をご馳走になった
カルロ(イタリアンの友人のお父さん)のつくってくれた
イタリアンと、同じ作り方!

おー、日本の「イタリア料理」の料理本に載っている
イタリアンの作り方は、違ったんだな。

とてもいい教室だったんで
我々の地元の牛窓でもぜひ開催したいとおもいました。


夏野菜が美味しい間にやりたいですね。




***



個展はまだ、続きます。

2016-6-26<br />撫川の ゆくり での個展<br />初日にかけつけてくださった方々、<br />ありがとうございました。<br /><br />今回は500点を超える焼物を<br />見やすくしつらえてもらいました。<br />安田さんこだわりの<br />洋のセッティングも素敵な展示を<br />してもらっています。<br />.<br />自分たちでも、これだけの量を<br />きちんの展示した状態で<br />一堂に見ることは少ないので<br />見ているだけで楽しかったです。<br />.<br />薪の窯の焼物は同じ形のものでも<br />ひとつひとつ焼けが明らかに違うので<br />どうしても盛り沢山に展示したくなります。<br />.<br />ゆくり は 名前の通りに<br />ゆったりとした心和む空間ですので<br />ひとつひとつじっくり時間をかけて<br />見ていただければ嬉しくおもいます。<br />.<br />期間中<br />うちのオリジナルブレンドコーヒーと<br />胡桃のフロランタンも<br />ご用意してありますので<br />お気軽にお申し付けください。<br />.<br />#寺園証太 <br />#shotaterazono <br />#ゆくり<br />#6月25日から寺園証太陶展



























posted by terra at 00:48| 岡山 ☔| 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする