2015年10月31日

昔の日記から 「8ヶ月」

過去の日記から救出した

空がお腹にいる時のこと。

今考えるとけっこう貴重な自分のつぶやき。

こども産んでない自分。

今となっては本当に違う人だものね。

このころの友達ってお酒ベースの付き合いだたんだなぁ・・・


(ゆ)




2006年 9月8日

「8ヶ月」


腹がうごくうごく。 

まるでエイリアンのシガニーウィーバー。 

すげ〜 

「妊娠すると気持ちが不安定になって、 
 意味も無く涙がでたりするよ」 

とか 

「肌が荒れるよ」 

とかって、よく言われていたんだけど 

逆。 

私の場合は、どちらも安定した(気がする) 

肌もまったく問題なし。逆に好調な気が。 

今ちょうどいいということは 

実はもともと、女性ホルモンが少なかったのではないかと 

多少心配げに思い、産後はどうなることやら 

なんてそっちが不安になったりする。 

★ 

わたしは酒を飲まないとけっこう 

働き者だということを 

弟に指摘される。 


・・・そうだったのか。 


10ウン年の付き合いのアルコールが 

私を怠惰にしていたんだな。 

しかし、酒を飲まないと 

友人との付き合いがひどく疎遠になることも 

わかった。 


家事か、人間関係か、どうやら 

どちらかが怠惰になるように私はできているらしい。 


posted by terra at 23:53| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の日記から 「つれづれ」

がんばってるな、わたし。
あと2ヶ月ちょっとで生まれるもんね。
第1子はなんだか
やることいっぱいな気がしていたようだ。

(ゆ)




2006年 9月 3日


「つれづれ」


ところで、今うちの相方は窯をつくっているし、 
私はお腹で子供を育てている。 

今年はいちどにいろんなことがあったなーって 
もうまるで年末みたいに思うのだ。 


これから会社を産休に入ったら、助産院探しの旅にでなければならない。 
もし助産院の予約がいっぱいだったら助産婦さん探し出して、実家のマンションで産む用意するつもり。 

あとひと仕事しなければ。
posted by terra at 23:47| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の日記から 「うごく」

昔のmixi日記より救出

この感覚、正確には思い出せない。
また妊娠したくなってしまうけれど
今世は 空と百でわたしは十分すぎです❤︎

(ゆ)



2006年7月1日

「うごく」



お腹がうごきます。 
これは、まるであの映画のエイリアンみたいだな。 

ぽこぽこぽこぽこ 
腹の中であばれてなにしてるんだろうか。 
まだ羊水の中で泳ぎまわる余裕があるのかな。 


・・・かなり楽しい。
posted by terra at 23:39| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の日記から 「体長12cm」

昔の日記から

自分で読み返してへえ〜っとおもっています。

車はいまだに運転できません。
向いてないとおもう。
そんなわたしの母親は50代になってから
タクシーの運転手にあっさりなったほど
女性にしては運転が上手。
こういうところは似ないんだな。

ダイエットは「したことがない」じゃなくて
「できたことがない」ですね。
太ったかなーと思ったら
なんとなく、気をつけるくらいです。
日本人の女の人は
そんなに痩せなくてもいいんじゃないでしょうか。

(ゆ)






2006年 6月14日

「体長12cm」


胎児の身長は、頭からお尻までで計る。 
赤ちゃんは12センチに成長。 
ひと月で倍。すごいねえ、あんた。 

しかしエコーをみてもこれを可愛いと言えるのは 
お腹の中に飼っているわたしだけかもしれない。 
昔はこれが見えなかったんだから 
お腹にいる実感がわかなかっただろうな。 

相方は毎回クリニックまで車で私を送り 
一緒に診察室でエコーを見る。 
うわっとか、へえっ、とか言いながら。 
自由業の相方でよかった。 
私は車の運転もできないのに、一人でこんなところに 
とぼとぼ来たくはないよ。 

でもこれも必然。 
自由業以外の人と結婚する自分は 
想像できない。 
想像できないことは、できない。 

運転をする自分の姿も想像できないからしなかったんだけど。 
赤ちゃんができたので、 
そう我侭も言っていられなくなったので 
最近、無理矢理自分の運転するとこを想像している。 
いつも道に迷って、目的地につかなくて、という 
そんな姿が自然と思い浮かぶ。 
せめて、いいイメージが浮かんできますように。 


産婦人科はいつも忙しく、 
予約時間から2時間は必ずかかる。 
本当に少子化なのか? 

1ヶ月前から2キロ太っていたらしく 
看護婦さんからも先生からも 
「ダイエットしてください」と言われる。 

生まれてこのかた、ダイエットというのは 
したことないんですが、どうすりゃいいんでしょう。 
そもそも妊婦ってダイエットしてもいいんかな。 

でも太りすぎると難産になるそうなんで、 
せいぜい気をつけようと思う。 

1ヶ月に1キロ増加が理想らしい。 


わたしも相方も、最近 
やたら妊婦さんが気にかかるようになった。 

私は、お腹の中に生き物がいるという 
この不思議な感覚を 
あなたたちも体験してるのね。 
という、妙な連帯感を勝手にもっているのです。 

上を向いて寝てお腹に手をあてていると 
こぽこぽする感覚があるので 
もしかするとこれが胎動というものなのかも。 

今、お風呂に入っていても、食事をしていても 
わたしは完全にひとりではない。 
よく考えるとこんなことは初めてだね。 

若い頃、恋人といっそ一つの身体になりたいと 
思ったことなど、思い出すけど、 
実際に誰かと一つの身体になれるのは 
妊娠しかないのかな。 
セッ クスも近いけど、それは一瞬だし。 

出産は楽しみなのだけど、 
この子と身体が離れてしまうのが 
既にさみしいような気分。 


posted by terra at 23:32| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の日記より「腹でました」

昔のmixi日記より。
しかしひどいタイトル。

(ゆ)



2006年6月7日

「腹でました」


身体がむくむらしいのですわ、妊婦は。 
ふつーにしててもだるくなってきました。 

今日は5ミリくらいの段差につまづいてコケ。 
身体は大丈夫だったけど、カバンの中身を派手に 
道ばたに放出。 

・・・妊婦って気を使うわ。 
べつにこけようが頭うとうが、 
自分は大丈夫なんだけどさ。 

今月に入って急に腹が膨らんできた。 
手持ちのストレッチのパンツさえ、どれもぎりぎり。 

妊婦服買うのやなもんで 
経産婦の方に言うと、けっこう皆さん 
マタニティ、持て余しているみたいで 
わざわざもってきてくれたりする。 
ありがたくお借りする。 
裸で歩くわけにもいくまい。 
どうせならどーんと腹がでてたほうが 
腹に赤ちゃん入ってるのがすぐに分かっていいわね。 


ああ、なんか 
抑揚のない
日記。 

そうそう、うちの近所の川にはここのところ 
蛍が2匹つづ現れて 
オカエリナサーイ と光ってくれます。 
田舎ってすてきだ。 



posted by terra at 22:38| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の日記から 「体長6cm」

mixiから救出されたゆうの妊娠中の日記です。
このころ勤めていた会社には
妊婦・子もちの女性に対する心配りのような規則は
一切無かったので
勝手に通勤時間を遅らせて
ラッシュを避けていました。

笑えるのが、そういう会社が
「女性マーケティング」が儲かるっていうので
仕事にしようと汗汗していたところ。

わたしは
「このスーツオジさんたちにはそりゃ絶対無理だ」
とおもっていました。


(ゆ)


************************

2006年5月21日



「体長6cm」


6cmは、わたしのお腹にいるベイビーのこと。 
初めて見たときは11mmちゃんだったから、2ヶ月で 
すごい成長っぷり。 

ようやっとつわりも治まってきた。 
しかしアルコールの酔いも味も大好きなわたしが 
ぴたっとなんの酒も飲めなくなるなんて 
身体の機能は本当にすばらしい。 
なぜか妊娠半年前から理由もなく 
タバコもすっかりやめてたし。 

今となっては身体が用意していたのかとも思うけど 
ほんとに人の身体はうまくできている。 

この間殺虫剤の匂いに気持ち悪くなって嘔吐した時には、 
今は身体の中に毒物を入れないぞーという意気込みを 
感じてなんか自分の身体を頼もしく思ったもの。 

今のところ、妊娠していること自体は 
楽しいばかりで、どうやらストレスらしきものがない。 

とにかく食べたいものを食べて 
寝たい時に寝てればいいのだ。 
それぞれ時間も内容もすごく片寄ってるけど。 
猫みたいな暮らしをすれば良いのね。 
性欲以外の欲求がすごくわがままになるようだ。 

今更特に運動したい欲求もないし 
旅行に行きたい、お出かけしたい、という気持ちも 
おきないし。 

普段からアクティブな人には辛い状況なのかもしれないけど 
元々猫生活が理想な人にとっては楽なものみたい。 

妊娠初期のころに、とにかく情緒不安定になって 
涙がでてきたり、ヒステリーになると 
色んな女性(とそのアイカタ達)に言われていたけど 
なんか、普段とたいして変わらない。 

どうやら、わたしは普段からやや妊娠してる人みたいな感じだったのね・・・ 

ただ、嫌いなものは普段よりよけい苦手になって 
近づきたくもなくなったので、仕事には差し支える(笑) 
身体も勝手に胎教しているのか、 
嫌いな音楽(コンビニでよくかかってるので危険) 
嫌いな言葉、嫌いな匂い、嫌いな顔、そういうのは 
意識的に避けてる。 

客観的にみると、ただのわがままな人ってことでしょうか(笑) 

とりあえず、泣いたり叫んだりする理由は今のところない。 

今日は気分に合う音楽を探しもとめて、最終的に昨年のインドのヒット曲集になりました。これはきもちいい〜


IMG_0075.jpg
posted by terra at 22:25| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の日記

ずっとほったらかしにしていた
ゆうのmixiの日記。
久しぶりに読んでみようと思ったら
まずはパスワードが分からなかった。

ずいぶんな時間をかけて入ってみたら
ちょうどソラの妊娠初期からの
若いわたしの言葉があった。
今のわたしとは違う人みたいでいて
同じ人の言葉。

忘れていた日記がほとんどだったので
ブログに転載しようとおもいます。

あのころはSNS黎明期でしたねー
でも結局こういうコミュニケーションは
なんだかまどろっこしくて
こどもが生まれた後しばらくして忙しいし
もう休眠状態にしていました。

イイネ! っていうのもどうもよくわかりません。
コミュニケーションって、そういうもんなのでしょうか。

しかし、この日記のわたし
勤めた会社に対してけっこう酷いですね。
やっぱりぜんぜん未練なかったんだな。
SNSだからなのか
まったくオブラートに包んでないですね。
ドロップアウト前提の稼ぐこと目的の会社員って
こんなかんじです。


(ゆ)

*****************************



2006年 4月9日


「花見日和」

子供ができました。 
出産予定はおそらく11月。 

わたしも母ちゃんになる。 

今までは、娘、姉、恋人、友人、嫁、などの役割しか 
持っていなかったけれど、そこに、母が加わる。 

お腹に子供がいるのが分かった時の気分、 
今までに経験した中では 
バンジージャンプの台の上に上った時の気持ちが最も近かった。 

そこへ行く前は心の中でじたばたしたのだが 
上へ行ってしまうと 
心をきめて飛んでみるしかないな、ということで 
自然と心が平静になる、というような意味で。 


色々な人が妊娠〜出産について語っていることではあるが、赤ちゃんは、なんと絶妙なタイミングで私のお腹の中に来てくれたことよ。 

今の会社の仕事を続ける理由もないのだけど、何をきっかけに止めようかと思っていた母の気持ちを見越してこの時期に来てくれて、正直言ってありがたかった。 

つねづね出産退職というのもへんな慣習だと思っていたけど 
自分がその立場になってみると、子供と職場を天秤にかけて、重たい方に傾くのは当然なのかと思う。 
(あとはお金の問題だけ) 


出産前後に自分を奮い立たせてもやりたいほど面白い仕事を会社でしている女の人は一握りなのかもしれない。 

おおざっぱに言うと、自営業の女の人の方が、子供も産んじゃって、仕事もそれに合わせて変えて行って気持ちが良さそうだ。 

私が今行っているような会社は、雇用機会均等法があったとしても、慣習として女性の育児休暇などになにも実態として制度がない。組合もない。会社のどこにでも見られるところに就業規則を置かねばならないという決まりすらも守っていない。 

わたしも色々な会社を渡ってみたけど、社員が50名の会社にしてはここは酷かった。 
会社勤めも最後だけど、特に感慨深いこともなく。 

やっぱり自営業だな、という意識を深くしただけ。 

ともかく、あとは無事に赤ちゃんを腹で育てて出すだけだ。 

楽しみ楽しみ。


IMG_0760.JPG
posted by terra at 22:10| 岡山 ☀| こどもが生まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三倉堂(Webshop)





三倉堂さんは
初めて出店したフィールドオブクラフト倉敷で
声をかけていただきました。

webshopのみでの販売と聞いて
薪で焚く焼物は
ひとつひとつ表情が違うので
手間がかかって大変だろうなとおもいました。

実物を手に取ればいっぱつでわかる質感も
写真で読み取るには色々な工夫が必要ですよね。

店主の貝原さんは
真面目に丁寧に細かく紹介してくださっているので
これは自分たちではなかなかできないことだなあと
おもっています。

やっぱり人には向き不向きがありますから。



証太の作品は今の時点では写真はご覧いただけるのですが
昨年2014には窯焚きをしなかったので
もう商品がほとんど無くなっています〜とのことですので
ちかいうちに新しい作品を紹介できればとおもっています。

最新の窯焚きはついこの間終わったのですが
その最中も貝原さんは見学にみえて、
ほんとにフットワークが軽くて熱心です。

女性の目線で選んだお店が最近多いので
男性目線で選んで好きなものだけ置いた
webshopにして行きたいのだそうです。




一緒にセレクトされている
各作家さんも興味深い方ばかり。
キタ君はうちに泊まったことがあるし
大谷夫妻や十河さんはクラフトフェアで
よくお見かけします。


小川さんは備前焼の修業先が同じ筋の先輩なのですが
腕もセンスも良い作家さんで
個人的に友人としても大好きな人です。
実は家もほど近くにあります。

小川さんと一緒に選んでいただいて、うれしいな。

はじめから備前焼は
小川さんと寺園さんだけでいいんです、
っておっしゃっていて
商売は大丈夫なのですか〜?という気もするのですが
個人のセレクトショップは
好きを貫き通すしかないですよね。
ありがたくおもっています。

ご興味ありましたら
ぜひ見てみてください。


てらぞのの窯焚き、無事終了しました。大友夫妻の窯焚きが続いてる。<br /><br />大友さんと窯焚きできるなんて、感無量。























(ゆ)
ラベル:三倉堂 寺園証太
posted by terra at 12:40| 岡山 ☀| 焼物を置いているお店のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[東京 目黒] うつわ 宙 (sora)

2015年の晩夏
匙やのさかいさんのご紹介で
東京目黒区碑文谷の
「うつわ 宙 sora」さんが
焼物を買い付けてくださいました。

東京の店舗での初めての取り扱いです
関東在住の方で
ご興味のある方がいらっしゃいましたら
ぜひ店舗で実物をごらんください。



TEL/FAX03-3791-4334
住所〒152-0003 目黒区碑文谷5-5-6
営業時間11:00〜18:00
定休日火・水曜日
夏期休業 8月半ば頃 約1週間
冬期休業 年末年始  約1週間
発送/クレジットカード承ります
E-mailsora@tosora.jp



うちの娘のひとりも
「空」sora なので
なんということもなく嬉しいです。



実は私たちは独立してから今まで
まともにお店さんに
営業ができたことがないのです。

というのも、この8年という歳月は
お酒飲んで遊んでばかりいた
20代のつけがまわってきたような怒涛の歳月。

つくり始めた窯はでかい。なかなかできない。
なにせ子供がほぼ同時にやってきた。
ゆうも一緒につくる予定が
新生児を抱えてちゃ無理だった。

始め、事業計画をつくった時には
半年だか一年未満で
計画していたのが、
結局、家の造作とこみで
たっぷり3年半かかりました。

このブログの前半部分は
とにかく窯をつくっている
記録作業です。

初窯だしてからは、初個展、初出店
またこれが初めてのことだらけなので
無我夢中でやるしかない。

ようするに
ただ単に営業をする余裕がなかったのです。
それどころかこのブログ自体も眠ったままでしたね。
(苦手なところはあとまわしになるしね)


窯をつくっていた時期のことを思い出すと
証太はまるで古代エジプトのピラミッドをつくる奴隷のように
毎日毎日毎日毎日レンガを積んで積んで積んで・・・
自分が「奴隷」でありつつ「主人」なので
ある意味とっても愉しんでやっていたわけですが。







買い付けていただいた一部が
webshopにてご覧いただけるようです。

登り窯の焼物は
できる作品すべてが違う焼け味。
焼けが同じ物は二つとないので
手づくりのものの醍醐味が味わえます。

買い付けてもらったものを眺めると
同じ人がつくったものなのに
お店ごとのセレクトによって
まったく違う雰囲気に見えてきます。

宙さんセレクトのうつわたち
どんな方のお手元に届いて、
どんな食卓でどんな時間を過ごすのでしょうか。


つくる人
選んで紹介する人
つかう人

有機的なつながりの中で
しごとができることを
ありがたくおもいます。

























窯焚きのたびにこの焦げの部分に
ソラが描く顔・・・
つぎの窯の時にはまた焦げてなくなります。




(ゆ)
posted by terra at 08:54| 岡山 ☀| 焼物を置いているお店のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする