2006年09月06日

土砂降りの中。

今日は、朝から雨が降って肌寒い日でした。
まさか現場で作業はやってないでしょ、と勝手に思い込み。
着いてみてびっくり!しました。 型枠の解体作業中だったのです。
相当強い雨の中もくもくと働く職人さん。
差し入れも用意してませんでした。 すぐに、温かい飲み物を買いに
いきました。 戻ってみるともう一人の方がおられます。 
その方曰く、"雨でも解体作業は出来るから。" それはそうですが、
すんごい雨だったんですよ。 そして、話は釣談義に移り、楽しい
ひと時を傘の下過ごしました。
型枠はといいますと、素晴らしい仕上がりです。 ピーコンといいましたか
丸い跡がコンクリの壁には付くのですがきれいにそろってます。
安藤忠雄氏のコンクリ壁の建築物同様にスキッとしてます。
そういえば現場全体がユンボできれいにならされてました。
ありがたいことです。 明日はたしか、よう壁横のブロック積み
だったかしら? 楽しみです。


060906 1.jpg 激しい雨が俺を。。。


060906 2.jpg ヨウ壁の全貌がいま・・・。

 
posted by terra at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 窯づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渓流へGO!

去る060905、友人たち3人+うちら2人の計5人
行って参りました。 
早朝3時30分、出発です。 現地へ着いた頃、
ポツリぽつりと雨模様。気にせず釣り開始。
あいかた(ゆ)は車中で寝ておりました。
小学生以来の渓流釣りはあぶらはやで開幕。
その後なん投めでしたかブルブルっとあたりです。
合わせて上がってきたのはきれいなアマゴ。
釣れたー。 やっぱうれしいですね。
その頃には土砂降り&風が強い。 めげることなく
2匹追加して、やっぱり耐えれなくなってベースへもどります。
寒い! めちゃめちゃさむくて、指先がしびれてきたものですから。
少し休んで再び川へ。 先ほどより上流で2匹追加。
時計をみると10時頃。 おなかも減って来ました。
下ごしらえ済みの具材を炒めて豚汁つくります。 先輩が戻って来て
はんごうで米をたきます。 釣った魚に塩ふって、炭火で焼くんです。
雨も小降りになりました。  
あまごの塩焼き。。。サイコーです。
午後は天気も回復。 相方と川へ降り、なごみます。
1匹追加のあと、大きいやつを狙ってさらに上流へ釣上りますが、痛恨の
2ばらし。しかけの振り込みが決まり,もくろみ道理ヒット。お魚の姿が
みえていただけに悔しい思いをしました。 まあ腕がないのです。
ベースへかえり、釣れた魚をお持ち帰りようにさばくと、みんなトウモロコシ
を食べとりました。炭火でやきもろこし。うまかった。
後片付けして帰ります。
途中、ラーメン家で反省会。運転を交代するものの、睡魔が襲って仕方
ありません。 コンビニ寄って眠気ざましします。
なんとか、無事ご帰還。 おつかれさまでしたー。

反省点。  ライントラブルが多過ぎました。
      針、はりすサイズの予備がなかった。
    

0906,22:00 薫製したアマゴをもってきてもらって3人で味見する。
最高のさけのつまみでした。

20060905(003).jpg 美しい魚体。


06-09-05_11-36.jpg 昼ご飯。アマゴ塩焼きと豚汁。


06-09-05_12-17.jpg 午後の部開始。


06-09-05_14-33.jpg かに。


06-09-05_14-39.jpg マイナスイオンの中。

06-09-05_15-23.jpg いつかの少年。



20060906(004).jpg 凶暴な顔の薫製。翌日。
posted by terra at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする