2024年05月31日

モモの誕生日とこの10年のこと

おひさしぶりです
みなさんおげんきですか


わたしたち家族は あいかわらず
木に囲まれた小さな山の中で
小鳥の声を聞きながら、しごと中心に日々暮らしています

5月はモモの10歳の誕生日ではじまりました

IMG_0011.jpeg

























モモはお菓子をつくるのが小さなころから上手で
いつも家族の誕生日には毎回デコレーションケーキをつくってくれます

この日はモモの日だったので、わたしとソラが一緒にケーキを焼いて、モモがデコレーション
ソラは大きなサイズのキッシュも作ってくれて、家族でお祝い

毎年モモは誰か好きな友だちを呼んで祝っていたけれど
今年は家族だけがいいということで四人と猫2匹でお祝いしました

モモはインスタにあげる写真をとりたかったみたい
リクエストもらったみたいに撮れなかったので、加工したのをあげてました

  ➡︎  momo insta




10歳。この家でモモを出産したのが10年前


わたしたちはやきものの仕事をするためにこの場所に来て
いちから窯をつくって家をつくって子どもを産んで育てて
自分たちの好きなことをして生きてこれたことがとても幸運だった

若いころ、やりたいことよりもやりたくないことの方がたくさんあったわたしたちは、
単純なことが好きで、複雑なことはできないと分かってから
すごくシンプルに暮らしてきたとおもう

病院で出産することがどうも合わないとおもったので
家で子どもを産んだ

健康診断で行った先のお医者さんに
「犬や猫みたいに家で産むつもりですか?!」と怒られたが
「ぜひそうしたいとおもいます。それが理想です」と言って
まるでうちの猫のノアのように子どもを産んで
猫のように慈しんで子どもたちを育てた








モモは生まれてからずっとこの家にいる
だからなのか、すごく安定感のある人だとおもう



暮らして、しごとをする
証太がやきものを毎日毎日つくって、それをひとつひとつ売るのが
わたしたちのしごと

複雑な世の中で
わたしたちのしごとは、なかなかシンプルなことだとおもう




IMG_0247.jpeg



































わたしはそれ以外に、セラピーに必要なくすりのようなものを山の植物からつくり
人の心のカウンセリングをすることや器の直しをしごとにすることもある

どうもわたしは壊れたものや小さな綻びをなおすことがわりと好きなようだ
新しいものをつくるよりも、今あるものをなおして、ぼろぼろになるまで
つかいたいとおもう




単純な箱みたいな家を建てて
大きな石ばかりの小さな土地の上で、日々生活の中からでた野菜ののこりを埋め
米の研ぎ汁をまいて小さな畑をつくり、花や木を植え、犬や猫と一緒に暮らし
たまにしごとを兼ねた旅をした

子どもたちは自分の学びのための場所に学校を選ばなかったので
24時間わたしたちと一緒にいる
わたしたちは、子どもの親であり兄であり姉であり友人であり
先輩であり、ただ、しごとのこと以外では先生にはなれないので
友人たちに先生をお願いしたりyoutube先生にたよったりしている



正直、10年前は、こんなふうに振り返ってみたりする時間など
一瞬もなかったようなきがする
毎日働いて、くらして、少しでも時間があれば休みたかった

きっと今みたいなスマートフォンがなかったら
写真も撮ってないから、こうして思い出すこともできなかったかもしれない

雨の日なんかに、こうやって昔の写真を見ながら
昔の子どもたちのことを思い出す時間はなんて贅沢なんだろう


田舎でも都会でも、小さな子どもを産み育てている時間は
独特で濃密なしごと

できれば一瞬も目を離したくないし
目を離したら死んでしまうかもしれない、小さな生物を守っている大切な時

その時間の中にいるすべてのお母さん、とお父さんは
なにもせずにその小さな生き物のそばにいるだけで、心を傾けているだけで
重大なしごとをしている最中だということを
いつもおもいだしてほしいとおもう


今、日本から距離的には離れた国で
いくつも戦争があって
毎日、子どもたちがひどい死に方をしている
せっかく生まれた貴重な命を
こんな風に同じ生き物が殺してしまうなんて
そんなばかなことがあるのが、どうしても信じられない



わたしは毎日、小さな虫を知らずに踏み潰したり
害虫だとおもってたたいて殺したりしているし
鶏や豚や、牛や魚の肉を、好みに料理していただいたり
植物の新芽や実やタネをむしっては食べたりお茶にしたりしている

わたしたちはベジタリアンではなくて
どちらかというと、肉が好きなので
動物の死体を食べているスカベンジャーだともいえる

生きていくだけで、こんなに日々たくさんの殺生をしている


それなのに、まだ足りなくて
わざわざ爆弾を製造して、同胞を効率的に殺しまくる
他の動物のように、その肉を食べるわけじゃない。ただ殺すだけ

次の世代には、殺された側の憎悪が
殺した側の子孫を殺すだろう


お金が一神教の教祖のようになっているこの人間の世界の中で
どうすればひとが殺し合わずに生きられるのだろう
宗教戦争や土地の奪い合いのように言われている戦争ですが
結局は、お金のため、誰かの権力争いのためなのだ



わたしたちの暮らしているところでは
先月、友人の交通事故があって1歳の女の子が天に召されてゆき
皆まだ悲しみの海のようなところにひたっているようなきもちです

なにもわざわざ殺し合わなくても
幸せに生きているところに、悲劇は突然訪れる
殺さなくても、寂しいことに人間は必ず死んでしまう

命を大切にしたい
せっかくわたしたちは生まれてきたのだから
戦争をするなんてほんとうにもったいないことだ


モモの10歳の誕生日に
わたしの願いは
世界中から戦争がなくなることです

すごくつまらない平和な世界でいい
みんなで面白くすればいいから
文化や芸術というのはそのためにあるんだよね


この世界の片隅で、世界が戦争にならない暮らし方ができないか
今あるものに感謝して生きていけないだろうかと
そんな目で生活をもういちど見つめなおしていきたいとおもう
この月の最後の日です









てらぞのゆう






















posted by terra at 10:14| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月19日

鹿児島 GOOD NEIGHBORS にて個展 10/21より


おひさしぶりです。

9月の窯焚きの前とあとがすごくいそがしくて

なんにも更新できてなかったのですが

今回も無事に窯が焚けまして、10/21からの

展示会のお知らせです。

今回は鹿児島県です。



_____________


Root to The Bone Shota Terazono

2023 10.21 sat~11.5 sun

会期中10/24,25,31は店休日


寺園証太展


GOOD NEIGHBORS


〒892-0823

鹿児島県鹿児島市住吉町7-1

099-295-6658

11:00~19:00

定休日/火 第2,4水曜


______________


2年ぶり2回目の鹿児島県

グッドネイバーズでの展示会が

10/21より始まります。


9月に窯焚きした新作を中心に

約300点ほど並びます。


どうぞよろしくお願いいたします。





http://good-neighbors.info

https://www.instagram.com/good_neighbors_kagoshima/





DSCF1969.jpg









































DSCF1995.jpg



























#shotaterazono

#寺園証太

#鹿児島



________________________

posted by terra at 08:05| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月07日

「nacoと寺園証太展」  -草木染めと備前焼-


次回の展示会のご紹介。岡山開催です。

期間:2023/6/17(土) から 6/25(日)

時間:11:00-17:00

場所:ギャラリーT.M. 

〒709-2123 岡山県岡山市北区御津河内1397
Tel:086-724-3313



寺園証太 在廊日: 6/17(土)18(日)24(土)25(土)
346148850_550433950622756_544440704112360392_n.jpg








































__________________________


今回は、草木染め天然衣料作家、「naco」 とのコラボ展です。


今回の展示会では、会期中にnacoのダーニングや糸紡ぎワークショップもあります。

↓↓↓ 


346137212_924945088618826_389554010230909275_n.jpg











































nacoの佐伯アキ・シホ夫妻と出会ったのは2011年。

彼らは3.11の原発事故のあと、翌日3月12日に関東から西を目指して
避難してきた家族で、関東にいたころは、埼玉の長瀞で一年に一度開催していた
「てのひらまつり」という子どものための3日間の祭りの主催をしていました。

岡山には、この祭りの関係者がたくさん移住していたので、
八塔寺という場所で2012年から「てのひらまつり」をひきつづき開催することになり、
すでに岡山に住んでいた寺園家も、それから毎年出店者として参加していました。
(その後、まつりは子ども達が成長し、シホちゃんの体の不調もありおやすみに)

てのひらまつりでは、流木や廃物をつかった独創的なうつくしいデコレーションが会場中にめぐらされ
自然農の農家やものづくりの人たちがキャンプをしながら広場を囲むように店をだし
まんなかにはずっと誰かが燃やしている焚き火があり、
昼も夜も、子どもたちが手づくりの遊具や山川で裸足であそび、
いろいろなものやことをシェアして、時間が経つにつれ、うつくしい村のような場所ができていく楽しさ。
ワークショップ、お話会、ライブなどがいろいろな場所や時間に開かれ、
子どもたちも自分でお店を出したりもしてる、自由ですてきな時間でした。

お腹が空いたらいろいろなお店で手づくりのオーガニックフードをたべ
眠たくなったらテントで眠り、夜は星空を眺めたり、虫の声を聞きながら月明かりで散歩し
そこで「暮らす」という祭りの時間をすごしていました。

それはまた、電気の無い昔の暮らしのようでもあり
全てが瞑想の時間のようでもあり、この時間の中で得たきづきはどれほど多かったかわかりません。

たとえば、焚き火の火を熾すことを時間で区切って当番制にすると、きっとうまく回らないのだけど
ただ焚き火を燃やしたい人の遊び心に任せると、それは絶え間なくきれいな焚き火となって
24時間ずっと夜中も絶え間なく焚き続けられるのです。

焚き火に興味がない人はしなくてよくて
火を熾したい人だけが諸々集まっていたらいつも気持ちのいい火が熾っているのです。

人間が、皆本当にしたいことをしていたら、それぞれが質の高いことを達成できる、ということの
見本のようだとおもいました。

参加していた彼らの多くは自給自足にちかい農的生活をおくっていて
工芸中心の暮らしをしている寺園家とはすこしスタイルは違っていたけれど
同じ時を過ごしたのち、共感できることの多いソウルメイトのような存在になりました。
一年に一度集まる祭りは、さまざまな場所と人生の中で続いているのです。

時がたって久しぶりにこうして一緒に
展示会ができるのは楽しいことだなと感じています。


DSC_1761.JPG





















2012年、naco たちが岡山に移住してきて最初の「てのひらまつり」のかたづけの時間。
イッセイ君撮影。左端の白い服の女性が naco 佐伯しほちゃん。





てらぞのゆう
posted by terra at 16:55| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期間限定 online shop オープンしています


先日の福岡BBB.POTTERSの展示会にいらしてくださったみなさま
ありがとうございます!

証太はやきものの産地がたくさんある福岡県から備前に来ましたので
こういう焼き締め陶器の魅力を九州の方へお伝えすることができて嬉しいです。


_____________________________________

BBB.POTTERSでは食器を中心に花器なども常設されています。
ふだんは店舗のみの取り扱いですが、ただ今期間限定
6/12までオンラインショップが開設されていますので
ご興味ある遠方の方にご覧いただければ幸いです。



shotaterazonoexhibition2023_top.jpg
























会期中、BBBpottersの風子さん透さん、
店長の赤窄さんと、たくさんの素敵なスタッフのみなさま
福岡の友人たち、同級生たち、家族。
大変大変、お世話になりました。
ありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いします。



てらぞのゆう

posted by terra at 13:11| 岡山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月18日

展示会 福岡BBB.potters 5月3日より



スクリーンショット 2023-04-18 17.57.29.png




































click ▶︎▶︎▶︎ BBBpotters H P




こんにちは
お久しぶりです!


すっかり春になりましたね。




5月、福岡薬院の
BBB.potters(スリービーポッターズ)2階 にて
展示会を開催します。


ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

Shota Terazono 
Exhibition 2023

2023.5.3(水)~ 5.22(月)
11:00~19:00
(最終日は18:00まで)


ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー


〒810-0022 福岡市中央区薬院1-8-8-1F・2F
営業時間 11:00〜19:00(カフェ11:00〜19:00)

西鉄バス薬院大通りから徒歩約1分
地下鉄七隈線薬院大通駅から徒歩約3分
西鉄大牟田線・地下鉄七隈線薬院駅から徒歩約5分
三越前より徒歩約15分

お車でお越しのお客様へ 店舗正面の専用駐車場をご利用ください(4台駐車可能)
自転車について 正面入口横にお客様専用駐輪場がございますのでご利用ください。

4⃣ Googleマップで見る

🆓 092-739-2080
🏡 bbb-potters@weeks-f.co.jp









click ▶︎▶︎▶︎ *前回2020年の展示会の様子











今は先月窯焚きした器たちを毎日毎日手入れしています。


5/3  5/4  5/5 は証太が在店する予定です。
どうぞよろしくおねがいいたします。 










posted by terra at 18:12| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月26日

「岡山かー」ELD東京店




寺園証太のやきものを、初窯の頃から
岡山ショップで取り扱ってくれている「ELD INTERIOR PRODUCTS」
の東京ショールームにて「岡山かー」というイベントが開催されています。

実は9/23からすでに始まっていて、10/30までです。


image.jpeg















▼ELD 



▼詳しいご紹介はこちらに取材ページがあるのでどうぞ



取材ページ、うちの紹介写真だけ作品写真じゃなくて
窯の中で証太が窯づめしているものなんですが・・・何か意味があるのだろうかw

(ELDさんに写真送った方がいいのかな?)


ELD東京さんには、常設でも寺園の器を置いていただいているので
ぜひお近くの方はお出かけくださいね。

社長の渋谷さんは設計と経営を担当している頭いい人なんですが
何より生まれ持ってのキレイ系のセンスが抜けてるんで
どこの店舗もほんと、良い感じなのです。





(ゆ)




posted by terra at 12:06| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いりこ酒 」酒器の出品のお知らせ

いりこ_2210_POP-01.jpg










































本日10/26(水)より、東京二子玉川高島屋の福光屋ショップにて

「いりこ酒 其の五」が始まります。

日本酒、いりこをはじめとする美味しいもの、手工芸品の展示会。
福光屋のお酒も、いりこのおっちゃんのいりこも、とても質が高くて美味しいです。


うちからは日本酒をより美味しく楽しめる、備前焼の酒器を中心とした
作品を出品しています。

お近くの方はぜひ。
posted by terra at 11:36| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月07日

福岡「クラフトの店 梅屋」展示会 7.9-7.18

こんばんは

ブログに更新できていなかったですが

4月の 東京 「宙 sora」での二人展、立石「二毛作」のイベント
5月は 愛知蒲郡の「森、道、市場」出店から、静岡市「pilotis」の展示会へ
いらしてくださってありがとうございました!


ブログが更新できていない時も
インスタグラムにはなんとかお知らせなど載せています。

どこへ伺っても素敵な方々に出会えて
夢みたいに楽しい旅でした。

25歳くらいの時、証太と二人で
ワーゲンで北海道と本州の海岸線を一周する旅に出ました。
証太は地図好きで、わたしは地理音痴なんですが
このころから助手席でナビしないといけなかったので
地図をぐるぐる回しながら道を確認していたなと。
今はスマホがあるので、道案内するのも簡単になりました。

昔は、ざっくりとしか日本の地理が頭に入ってなかった自分ですが
この旅に出てから身体で覚えた地理感覚がつきました。
北海道の広さとか、新潟の長さとか、青森で入った温泉の非常な熱さとか
道を聞いたら親切にしてくれた方、美味しかったもの、
回ったところのことは何かと強烈な思い出があるので
今、日本地図を見ると、各都道府県のことを記憶として確認できます。

日本は小さな国土の中に、多様な場所があり
旅してみるととても楽しいです。



:::::::::::::::

次の展示会のお知らせです



寺園 証太 陶展

2022.7.9(土) ー 18(祝月)  会期中定休日 12(火)

11:00-18:00   ※最終日は17:00 まで


クラフトの店 梅屋

〒811-1132 福岡県福岡市早良区石釜870−1
tel 092−872−8590


久しぶりの福岡での展示会。
9(土).10(日)ー17(土).18(日)


石釜の梅屋さんは水の流れる小川がある庭があります。
空気の良い、美しい場所です。
お時間あればぜひお越しください。


写真は葉書に使ったのですが、ベンガラで黒化粧した花器。
数は少ないですが、他に抹茶盌や酒器などこういった
いわゆる黒備前のものをいくつか展示します。


DSCF6364.jpeg























::::::::::::::

てらぞのゆう








posted by terra at 02:45| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

目黒「宙」にて二人展

こんにちは、寺園証太です。

4月9日から4月17日まで
目黒の「宙」SORA にて吉井史郎さんとの二人展が開催されます。
先月窯焚きしたばかりの作品をご覧いただきたいと思います。

史郎さんとは、前回2019年の宙での二人展の際に
宙の店主の吉田さんにブッキングしてもらい
初めてお会いして仲良くなり家族で史郎さんのご自宅や工房にも
おじゃましてしまいました。

やっぱり共通点は、薪窯を焚いているところかな。

吉田さんもナイスな采配だったと思ってくださったんじゃないでしょうか。
Instagramの2019年ごろを見てもらうと広々した工房の写真なども
ご覧いただけます。


ではでは、今は準備の真っ最中なので
このへんで

展示会、どうぞよろしくお願いします。





宙 SORA
〒152-0003
目黒区碑文谷5-5-6

2022年 4月9日(土)-4月17日(日)
11:00~17:00

12日(火)と13日(水)は休み








スクリーンショット 2022-04-03 18.08.53.png
posted by terra at 18:27| 岡山 ☀| Comment(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

鹿児島 GOOD NEIGHBORS にて個展を開催します

こんにちは おげんきですか

いそがしかったです〜

今日は、明後日10月23日からはじまる、初めての鹿児島での個展のお知らせです。

582640D5-CD43-4FF3-8E7F-F3F76BE05C68.jpeg


















































GOOD NEIGHBORS(グッドネイバーズ)
のサイトはこちら


___________________



SHOTA TERAZONO Exhibition
10/23sat-11/17sun 
(会期中10/26(火)10/27(水),11/2(火)は店休日です


釉薬を掛けずに土を薪の炎で焚き上げる焼締めの器、備前焼。
岡山県、牛窓にて備前焼を手掛ける寺園証太さんの鹿児島での初個展を開催します。
自作の登り窯での、年に一度の窯焚きで生み出されたばかりの器たちが並びます。
器を通して大地のおおらかさと強さ、そして美しさを伝える寺園さんの器をぜひご覧ください。






____________________________________________


GOOD NEIGHBORS さんから、2年前に個展のお話をいただいたすぐ後、
スタッフの田之頭さんが鹿児島から牛窓へ、訪ねてきてくれました。

窯を案内したその日はちょうど、近所の猟師をしている友人から丸ごとの猪をもらって
捌くのを待つ間、窯の屋根の梁から吊り下げていたので
田之頭さんはびっくりされていました。

そういえば playmountain の中原さんがいらした時も
猪下がっていたような記憶が。良い知らせの前兆なのだと思う。




うちは1年に1〜2回の窯焚きのペースで、1回につき約2,000点くらい焼成します。
10ヶ月間は地道に土と器をつくって、2ヶ月くらいで窯づめ〜窯たき〜窯出し をするイメージです。
作っている数から言えば、もっと個展も開催できるのだろうけど、
なんとなく今まで個展はひと窯に一回、のペースです。

思い切りたくさん作った後に個展をやるので
手持ちが無くなるまでは追加搬入してしまい、個展の最後の方に物が無くなる、というのを
経験したことが無いんですよね。

他の作家の方の個展で、売り切れましたとかいう話を聞くと、「わぉうらやましいw」とも思うのですが
うちの場合は売り切れるなんて無いので、安心して会期のどの日でも心配せずいらしてください。

実は「寺園」は鹿児島姓で、証太の父方は鹿児島の出なのです。
鹿児島の方へ、焼物をお届けできて嬉しい寺園家でした。








てらぞのゆう




















posted by terra at 12:56| 岡山 ☀| Comment(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする